毎日がHAPPYになる♪ブログ

アラフォー主婦が綴る毎日をHAPPYにするブログ

*

最高の休息法 ベストセラーなので、買ってみました。

   


最高の休息法

 

ベストセラーコーナーでよく見かけて、気になったので、電子書籍で買ってみました。買ったのは結構前なのですが。

 

この本は2部構成で、

1) 脳の疲労を解消する7つの休息法
2) マインドフルネスを実践していく物語

最後に5日間のシンプル休息法が載っています。

書店へ行くと、

マインドフルネス

に関する書籍がたくさん並んでいます。

 

マインドフルネスとは、「瞑想などを通じた脳の休息法の総称」です。アップルの創業者 スティーブジョブスやグーグルなどの巨大企業でも実践されています。

 

先月号(だったかな?)の美的にもマインドフルネスに関する記事があって、女性の関心の高さもうかがえます。

 

後半の小説部分は、2~3回くらい読んだだけですが、前半の実践編は何回か読んでいます。また久しぶりに読みました。実践編でわからない事は、小説編でもう一度確認していきます。

 

瞑想と言っても、座ってする瞑想もあれば、動きながらする瞑想もあります。自分のする動きを事細かに意識します。右足を上げたとか…。

 

久し振りに読み始めたのは、

 

思考のループから抜け出したかった から

 

仕事で結構ひどい事を言われ、その事が自分の中でふと思い出され、いらいらしたり、悲しくなったり、悔しかったり…と言う感情が湧き出てくるから。

 

脳の休息法 4 思考のループから脱したいとき

 

この章が役に立ちそうだったので、もう一度読もうと思いました。

 

頭の中が雑念でいっぱいになると、脳も疲労してしまいます。雑念と自分をと切り離して、常に雑念に対して傍観者でいる事が大事だと言ってます。

 

『脳の休息法』

 

と言う題名から、ストレッチのような体を動かすような事が書いてあると思ったのですが、瞑想の仕方が書いてありました。この本を読むまでは、『マインドフルネス』と言うワードを聞いたことがなかったのですが、最近は、あらゆるところで聞くようになりました。書籍もたくさん出ていますし、NHKためしてガッテンでも取り上げられてました。(旦那は、マインドフルネスなんて怪しいと言っていましたが…)

 

私の頭の中は、「あれしなきゃ」「あんなことするんじゃなかった」「私って、ダメなやつ…」とか、いろんな雑念だらけなので、瞑想が必要なのかもしれないです。ネガティブな思考が頭の中でいっぱいになり、気分が沈み、なかなか寝付けない事もあるので…。

 

寝る前に瞑想をしていたのですが、いつの間にか辞めてしまったので、またやろうかな~と思ってます。

 

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
久賀谷 亮 ダイヤモンド社 2016-07-29
売り上げランキング : 494

by ヨメレバ

 

ンキングに参加しています☆彡

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

 - 読書感想文